知って得する!「売主」と「仲介」の違い

「売主」から購入すると仲介手数料は不要(0円)

新築住宅を探していると「売主」「仲介」の記載がチラシやホームページ上のどこかに掲載されています。この言葉の意味を知っているだけで、100万円近くお得に新築住宅の購入ができます。
「売主」「仲介」の意味を理解して賢く住宅を探しましょう。

「売主」と「仲介」の違い

「売主」とは取引される不動産(土地・建物)を直接仕入れ、土地の造成・建物の建築・完成した建物の販売までを全て自社で行う会社のことで、ワウハウスはこれにあたります。
お客様とワウハウスが直接契約をするので、仲介手数料は不要(0円)です。

つぎに「仲介」とはお客様と「売主」の間に仲介会社が入り販売を行う形態のことです。
マンションが分かりやすい例で、実際に建てた会社と販売を行う会社が異なる場合が多々見受けられます。これはマンションを建てた会社に営業社員を抱えていないため、販売をメインで行っている仲介会社に販売を委託しています。
そのため、契約が締結すると仲介手数料を仲介会社に支払わなければなりません。

マンションを例にとりましたが、戸建も同様に販売を委託され仲介会社が販売を行っている物件が多数存在します。
特に広島は仲介を行っている会社の数が多く、同じ物件でも異なる会社が同じ値段で販売をしているのを目にしたことがあるのではないでしょうか。
仲介手数料は不動産売買の際に、成功報酬として「売主」と「お客様」が仲介会社に支払う手数料です。
「物件価格の3%+6万円(税抜)」を仲介会社に手数料として支払うことになります。
3,000万円の物件を仲介会社を通して契約すると仲介手数料は、
≪ 3,000万円×3%+6万円(税抜)=103.6万円(税込み) ≫
つまり、売主から直接不動産を購入するよりも103.6万円も高く不動産を購入することになります。

「売主」から購入するメリット

アフター担当 売主との間に他の業者(仲介)が存在しないので、上記のように仲介手数料は発生しません。
●仲介手数料が一切不要(0円)
●建物の構造や工法・仕様についてなんでもお答えします
●自社物件なので、空き物件などの情報が正確です
●アフターサービスもワウハウスが行うので、責任を持って物件をご紹介させていただきます
●自社で施工した物件なので、自信をもってオススメします

ページトップへ