ENGINEERING WOOD[構造用集成材]

住まいを強くすることで始まる、家族の安心。

集成材とムク材の比較


集成材とムク材の比較 ムク材より1.5倍以上強い、理想的な構造用集成材。
JAS(日本農林規格)の強度試験をクリアした構造用集成材を使用。筋などを取り除いた原木のよい部分だけを使った構造用集成材は、一般的なムク材の1.5倍以上の強度を実現。過重実験によっても構造用集成材の強度は実証されています。

コンピュータ制御により精密に加工される構造用集成材は、ムク材より均質性に優れます。含水率も15%以下で建築後に乾燥、収縮による変形がほとんどありません。
新築時の建物性能を長く保つことが可能です。

高い設計応力


設計応力 一般住宅では難しい大空間を実現。
構造用集成材の活躍の場は、何も住宅用だけではありません。
たとえば、この写真をご覧ください。このような公共建築にしばしば見られる大空間でさえ実現してしまいます。
このような実績からも、その設計応力の高さは証明済みと言えます。

プレカット加工


端材の量が少なく、環境保護に貢献。
床や屋根の各パネル、さらには、柱にいたるまでコンピュータ制御によるプレカット加工を採用。建築現場における端材の発生が少なく、クリーンで安全な現場づくりと産業廃棄物の低減に貢献します。

ページトップへ