間取りのイロハ

初めての家探しや家づくり。理想の住まいに住みたいけれど、失敗したくない!
そんな方のために、ワウハウスでお家を建てられたお客様の声をまとめた間取りのイロハをご紹介。
※建物の立地条件、間取りなどによっては必ずしも当てはまるものではございません。

リビング・ダイニング編

■リビングを18帖と広くすることで、リビング内に4~5帖の子どもの遊ぶスペースをつくっています。
キッチンから遊ぶ姿を見ながら、料理をしたりと安心して家事ができます。(Y様)

■南側が道路に面し、リビングを南向きにすると外を歩く人から家の中が丸見えに…。そこで2階リビングにしたのが大正解!外からの視線も気にならず、リビングも明るく快適です。(O様)

■リビングを吹抜けにし、道路側に面した西側に大きな天窓を取り付けることで、リビングがとても明るく開放感も抜群に!窓が外観のアクセントにもなりお家の顔にもなっています。(A様)

■隣家とも近く部屋が暗くなることを覚悟していましたが、窓を通常サイズより大きくし、リビング階段の上部にも明かり取りの窓をつけことで明るく快適な部屋になりました。(M様)

■リビングの窓は、風が部屋の中を抜けるように南側に掃出した窓、北側には高窓をつけることで、少し風があれば涼しく過ごせるので、なるべくエアコンをつかわない生活をおくれています。(H様)

■玄関から直接ではなく、必ず家族のいるリビングやダイニングを通って2階へ行く間取りのリビング階段は、子どもが知らないうちに外出・帰宅といったこともなく、生活の中でコミュニケーションが自然ととれるようになりました。(F様)

■家族が集まるリビング・ダイニング・キッチンは間仕切りのない1空間としてオープンにつかっています。わたしがキッチン、子どもがリビングで過ごしていても、お互いの気配を感じられて会話もできますし、和室も隣接しているので、ドアの開閉でより広い空間で満足しています。(E様)

■リビング階段でも上り口に引き戸を設けることで、リビング階段のメリットは残しつつ、冷暖房効率がよくなりました。また、リビングの音やキッチンのニオイも伝わりにくくなるので、気になる場合にはおススメの間取りです。(K様)

■階段を玄関近くに設けることで、リビング階段に比べ来客時も気兼ねなく2階へ行きできています。
一方で、子どもが個室に直行できるので、様子が把握しにくいのが難点ですね。(W様)

■階段がリビングにあるので、2階の個室と行き来をするたびにリビングやキッチンにいる家族と顔を合わせるので、自然と会話が増えました。
ただ、2階に音やニオイが伝わりやすく、冷暖房効率も少し気になりますね。(S様)

リビング

キッチン編

■シンクの後ろに通路を挟んでカウンターや収納棚を置いています。
通路の幅はあまり広く取らなくても、振り返ると収納棚に手が届くようにすることでムダな動きがなくなり、とても使い勝手のよいキッチンになりました。(E様)

■対面式キッチンなので、料理中や後片付けの間も家族との会話が楽しめます。(O様)

■対面キッチンでダイニングと対面する配置の場合、ダイニングテーブルとの距離が近く、配膳や片づけの手伝いもしてくれます。
カウンターの立ち上がりがあると、キッチンがリビングから見えにくいので、ソファをキッチンに背を向けた配置にすることで来客時も気兼ねが少ないです。(M様)

■キッチンとダイニングが隣り合う配置は、配膳や後片付けが便利になりました。また、お互いに顔が見えるので会話がしやすく、リビングスペースを広めに取りやすい配置かなと思います。(Y様)

■対面式キッチンにし、キッチンからリビング、和室と階段、洗面所・お風呂まで見渡せるようにすることで、料理中など子どもの行動が全てわかりストレスフリーになりました。(H様)

■独立型のキッチンは、キッチンからリビングから見えない間取りになっているので、来客時でも落ち着いて迎えることがでています。
生活感も出にくいので、来客の多い我が家にはピッタリです。キッチンがほかの空間から独立しているので、料理に集中できるメリットも。(F様)

■キッチンに奥行30cmくらいのパントリーを設けています。一見小さそうですが収納してあるものがひと目ですべて見渡せるので実際はすごく使いやすいです。 (A様)

■リビングやダイニングに面する対面キッチンはリビングで遊ぶ子ども、ダイニングで宿題をする子どもに目が届き、会話がしやすいので助かっています。また、家事をする姿が子どもの目に入るので、進んで手伝いをしてくれます。(K様)

■ダイニングからキッチンを通って子供部屋へ行く動線なので、食事の後に子どもが自分の部屋に向かいながら、自然と食器をさげるようになりました。(S様)

キッチン

洗面室・風呂・トイレ編

■玄関から家に上がらず、土間を通って直接洗面室に行ける間取りなので、雨や雪の日など、子どもたちが濡れて帰って来てもそのまま洗面室に行って汚れを落とせるのでとっても助かっています。(M様)

■洗面室を広くとり、家族3人並んで歯磨きができる空間にしました。さらに吊り下げ収納を付けないことで、大きな鏡を取り付けられ洗面室がさらに広く感じられます。 (H様)

■洗面室を広くする、収納スペースにタオル類だけでなく、パジャマや下着、スキンケア用品まで置けるようにしました。
子どもが入浴する時に、下着を揃える手間が省けて楽をさせてもらっています。(O様)

■洗面室の天井に洗濯物用の吊り下げ金具を取り付けたり、収納やアイロンスペースを設けることで、雨の日でも洗濯物が干せたりとちょっとした工夫がとても助かっています。 (F様)

■家事導線を考え、洗面室と浴室は廊下とキッチンの両方から出入りできるようにしました。料理をしながらお風呂の準備ができたりととても便利です。(E様)

■トイレにちょっとした収納スペースを設けることで、トイレットペーパーだけでなく日常品や生理用品なども収納できとても便利になりました。(Y様)

■キッチンのすぐ隣に浴室・洗面室・トイレを配置することで、子どもをお風呂に入れてくれる夫や、ひとりでトイレに行った子どもからのヘルプ要請にすぐに応えることができ助かっています。(K様)

■洗面室へは、玄関からもLDKからも行ける2way動線。帰宅後すぐに手洗いやうがいができ、キッチンからもすぐ子どもの手伝いに行けて便利です。(W様)

洗面室

居室・その他の空間編

■独立型の和室は、両親が泊りに来たときなど、気にすることなくトイレに行けたり、小さな子どもは和室で寝かせ、大人はテレビの音を気にせずリビングでくつろげるので助かっています。(W様)

■リビングを広く見せるため和室とつながる間取りにしました。
畳を琉球畳などにして和の雰囲気を抑えることで、開放して使っても違和感なく良い広々空間となっています。(K様)

■年齢が近い兄弟なので、一部屋を2人で共用してもらってます。勉強机は造り付けのカウンターで、後から間仕切り家具などを使って仕切ることを将来的には考えています。(H様)

■将来子どもたちが一緒に使えるよう、子ども部屋を広く設け、窓や扉、照明スイッチを2つづつ付けておくことで、いずれ個室が欲しくなる年頃になっても、大がかりなリフォームをせずに仕切ることができるようにしています。(S様)

■将来間仕切り可能な子ども部屋は、ワンルームで広々プレイルームとして使っています。(M様)

■屋根裏を利用して物置部屋兼、主人の趣味部屋に。普段使わない季節家電なども置くこともでき、主人は念願の趣味部屋をゲット!(K様)

■スキップフロア(同じ空間で床に段差をつけてつくる中2階のようなスペースで2階へ上がる階段の途中などにつくられる。)を設けることで、子どもの遊び場や勉強スペースなどいろいろな使い方ができとても便利です。(A様)

■リビングの天井を吹抜けにて、2階の居室とつながりをもたせた間取りは子どもの遊び幅を広げ毎日元気に遊んでいます。(S様)

■子ども部屋の壁紙は子どもに選ばせました。そのかいもあってか進んで片づけや掃除をするようになりました。(E様)

■子供部屋が当面不要なので、人数分の個室を設け、一人一部屋でなく勉強部屋と寝室などと用途で使い分けています。(D様)

■2階の物干しべランダの手前に、広い部屋干し用のスペースがあるので、花粉症の家族がいても、花粉の時期にも安心して洗濯物を干すことができています。(F様)

■パントリー、シューズクローゼット、納戸など、造り付け収納を多くし、家具を置かないようにしています。掃除もしやすいし、広々とした印象になり快適にです。 (D様)

玄関

玄関・廊下編

■玄関は従来より広いスペースを取り、土間収納を設けました。
靴が箱ごと入れられたり、ブーツをストレスなく収めることができ重宝しています。モノがなくなった玄関は広くイスも置けるので、ブーツなどを履くときもラクラクです。(A様)

■吹抜けのある玄関は、太陽の暖かい明かりが差し込みとても明るく昼間は照明いらず。(M様)

■我が家の玄関収納は靴だけの収納ではないので広めのスペースにしました。ベビーカーや外で使うガーデニング、洗車道具なども室内に持ち込まずに収納できるので便利です。(K様)

■廊下の階段下に収納スペースを設けることで、トイレットペーパーやティッシュなどのストック用収納場所として活用しています。(F様)

玄関

お客様からのアドバイス

■長い時間過ごす空間だけに、モデルハウスでは備え付けのソファなどに座り、居心地の良さを確認することをオススメします。(K様)

■窓の向きはどちら側?日差しをさえぎるものがないか、確認を忘れずに。(S様)

■手持ちの家具はしっかり入るかなど、幅と一緒に天井高も忘れずに確認を。(E様)

■キッチン収納は十分が、手持ちのカップボードは問題なく置けるかなど採寸はきちんとすることをお勧めします。(D様)

■何がどこに付いているのか、掃除はしやすいかなど実際の生活を考えたお家探しが大切です。(W様)

■現地では安眠を妨げる騒音がないかなど、時間帯をずらして何度か現地に行きました。(S様)

■収納すべきものがキチンと納まるか。容量が十分あるかのチェックを忘れずに。(E様)

■子どもを遊ばせるのに遠すぎないか、公園などの施設のルートもきちんと確認を。(Y様)

■希望の間取りの優先順位がなかなか決められない場合は、「これは必ず欲しい!」という要望を上から順位付けするのではなく、「これは無くてもいいか?」と消去法で決めていくと良いですよ。(H様)

■最初から間取りを具体的に考えるのではなく、「こんな暮らしがしたい」など、おおまかな要望を担当社へ伝え、基本プランを作成してもらいました。そこから間取りを具体的に考えていくとスムーズに間取りが決まりました。(H様)

■家事のしやすさを大きく左右するキッチンの配置。
視線がどこまで届くか、よく行き来する場所との移動はスムーズかなど毎日の動きを思い出しながら、自分にあった間取りを考えてみてください。(M様)

お客様からのアドバイス
ページトップへ