ワウハウスの家はココが違う【省エネ住宅編】

ワウハウスのモデルハウス・建売住宅は省エネ住宅!
でも、省エネ住宅っていったいどんなもの?省エネ住宅と言うくらいだから、ムダなエネルギーを使わずに生活できて、なんだか良さそうということは分かるけど・・・。
どんな住宅なのか、ほかにどんなメリットがあるのかよくわからない。
そんな人にも良くわかる、ワウハウスの省エネ住宅のメリットについてご紹介します。

暮らしが快適に、家計もラクに!


暮らしの不満は省エネ住宅で解消!
暖房の効きが悪くてすぐに部屋が暖まらない。冬の朝は窓の結露がひどくてカビまで生える。暖房のない廊下が寒くて身震いする。水道光熱費の請求額を見るとがっかりする。こんな暮らしの不満はありませんか?
省エネ住宅なら、こうした不満が解消されます。
①冷暖房の効きが良い。②結露が無くなり、カビにも効果あり。④住宅なの温度差が少ない。④省エネ効果で、光熱費が安くなる。

高断熱で高気密な住宅なので、外気の温度の影響を受けにくい。そのため、冷暖房の効きが良く、寒い朝の結露もなくなり、室内の温度が一定に保たれやすいということになります。
さらに、省エネ性の高い設備機器を使えば、エネルギー効率も高まり、家計にも地球にも優しい暮らしができる。つまり、少ないエネルギーで、一年中快適な暮らしができるということです。

省エネ住宅って、どんな家?


メリットの多い省エネ住宅だけど、具体的にはどんな家が省エネ住宅と言えるのでしょうか?
その目安となる条件やキーワードを見てみましょう。
省エネ住宅の基本は、高断熱・高機密、省エネ設備を採用した住宅です。

省エネ住宅と呼ぶには、①の住宅が高断熱・高気密であることが第一です。それに加えて、冷暖房はもちろん、給湯や照明などで使用するエネルギーも削減するには、住宅の設備の省エネ性が高いことも必要です。
①+②によって、電気やガスなどの消費エネルギー全体を削減することが可能になります。

住宅の省エネ性を見分ける目安は?


住宅が高断熱・高気密かどうかを見分ける目安となるものとして、「省エネルギー基準」と「省エネルギー対策等級」の2つの基準があります。
①省エネルギー基準(省エネ法)
1970年頃のオイルショックを機に制定された「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)」によるもの。基準を強化する方向で改正が繰り返されており、それぞれ旧省エネルギー基準、新エネルギー基準、次世代省エネルギー基準と呼ばれています。

②省エネルギー対策等級(住宅性能表示制度)
「住宅性能表示制度」は、住宅の性能を共通のルールでわかりやすく表示するための制度です。新築住宅の場合で10分野が定められており、温熱環境(省エネルギー対策等級)もその一つです。ほかに構造の安定(耐震等級)や火災時の安全(耐火等級)などがあります。
等級が高くなるほど性能も高くなる。

ワウハウスの次世代省エネ住宅はコチラ

さらに上を行く省エネ住宅

 低炭素住宅
低炭素住宅
基本①+②で高い水準を満たした住宅
「都市の低炭素化の促進に関する法律」に基づき認定される住宅。
次世代省エネルギー基準により1次エネルギー(石油や天然ガスなどの変換や加工をしていないエネルギー)の消費量を10%以上抑えることが必要。それに加え、一定の低炭素化に役立つ設備なども必要で、上記①・②ともに高い省エネ性をもつのが特徴です。

 長期優良住宅
長期優良住宅
基本①に加え、長く使用できるための性能をみたす住宅
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき認定される住宅。
長期間使用できるように、高い省エネ性(省エネ等級4)に加えて、耐震性や耐久性、維持管理・更新性、居住環境、維持保全などに優れた住宅。住んでからの定期的な点検や記録の保存も必要です。長寿命化によって、住宅の解体による廃棄物が減らせます。

 スマートハウス
スマートハウス
基本①+②+エネルギーの自動制御機能をもつ住宅
明確な定義はありませんが、一般的には①と②に加え、創ったエネルギーを蓄電池などに蓄えて、HEMS(ヘムス)によって自動的にコントロールできる住宅を指します。
住宅の機器や家電をネットワークで接続し、エネルギーの使用状況をモニターで見えるようにしたり、自動制御したりできます。

省エネ住宅の最新設備なら、ラクして省エネできる!

高効率給湯器
高効率給湯器
効率の高い給湯器を使うと、省エネに大きく影響
給湯器によて、消費数エネルギー量は大きく変わります。家庭で消費するエネルギーの1/3が給湯によるためです。そこで、エネルギーの消費効率の高い「高効率給湯器」を使うことが、省エネの大きなポイントになります。
電気の場合は「エコキュート」、ガスの場合は「エコジョーズ」などがその代表です。

複層ガラス
複層ガラス
窓からの熱の出入りを抑える
壁や床などの断熱性だけでなく、窓の断熱性を高めることも省エネには大切なことです。窓の断熱性はガラスとサッシで変わります。
ガラスの場合は、1枚のガラスより2枚の方が断熱性が高くなります。複層ガラスは、ガラスの間に中空層をもうけ、真空にしたり乾燥した空気を密閉するなどして、断熱性を高めたものです。

節水型トイレ
節水型トイレ
少ない水でしっかり洗浄、節水に効果あり
水道水の使用量を抑え、省エネに効果的と登場したのが、節水型トイレです。家庭で使うトイレの水は意外にも多いものでうす。渦を巻いたり加圧したりして、従来型の半分以下の水量でしっかり洗浄できる節水型トイレの効果は大きいものです。

LED照明
LED照明
省電力、長寿命の新しい照明機器
住宅内に数の多い照明kの省エネ性を高めることも大切です。蛍光灯や白熱灯に比べて、LED照明は発光効率が高く、放熱量が少なく、発光効果が高く、放熱量が少なく、長持ちするのが大きな特徴です。省エネで、かつ取り替える頻度も減らすことができます。

高断熱浴槽
高断熱浴槽
お湯が冷めにくいので、追い焚き回数を減らせる
お湯が冷めにくいのが特徴の高断熱浴槽は、浴槽や風呂ふたを断熱材でしっかりおおったもの。お湯張りした4時間後でも2.5℃以下しか下がりません(LIXILサーモバスSの場合)。そのため、帰宅時間の異なる家族でも、追い焚きをせずに入浴ができます。

断熱材ジュピー
断熱材
世界最高レベルの0.020W/(m・K)で、圧倒的な断熱性能を誇る
長期優良住宅などの主な条件でもある省エネルギー対策等級4の基準を満たす床用断熱材です。他の断熱材に比べて、経年劣化が極めて少なく、高い断熱性能が長く続きます。

太陽光発電システム
太陽光発電システム
自然エネルギーを使って、発電や売電を行う仕組み
太陽光をエネルギーに変えて発電する太陽光発電は、自然のちkらを利用すること、発電時にCO2を排出しないことから、地球環境にとても優しいものです。住宅用の太陽光発電システムでは発電した電力を住宅で消費するだけでなく、余った電力を電力会社に売ることもできます。

工法編

ページトップへ